町田絵画教室 ラ・セーヌ38
by laseine38
カテゴリ
最新のコメント
お気に入りブログ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
by laseine38 | 2017-08-29 20:51 | Comments(0)

ラ・セーヌ展あす初日

明日からラ・セーヌ展です。10回展になります。きょうもマダムSがアトリエに来てくれ、出品一覧表の確認をしていきました。出品者氏名を間違えてはならじと再再点検したり、題名のチェックにも心配りをし、確認のTELをかけたりしてくれました。「鎮守の森」は「鎮守の杜」の方がいいのではないか、と出品者に確認とったりと、”Sさん仕事できるなー”、と感心してしまいました。松子さんの遺作に対してもリボンを作ってくれたり、細かい配慮をしてくれていました。

新しい企画での作品展なので、どんな風になるのか楽しみである。ひとり一人のスペースを決め、その範囲内での熱のこもった発表になることでしょう。小品を並べる人、どん、と大作一枚出品の人、油彩、アクリル、水彩、パステル・クレヨン・ペイント、ぺん、土、コラージュと、抽象あり、具象あり、半具象とそれぞれの表現を楽しみにしています。絵画教室と言うより絵画研究所といった感じのクループ展になるとおもいます。どうぞみなさんご高覧下さい。そして励ましのことば、きびしい感想、叱咤激励をお願いします。
ではお越しをお待ちしています。

アトリエOGのマダムYからお祝いのコーヒーが贈られてきました。いまでは恒例化してしまいましたが、Yさんのこころ遣いをうれしくありがたく思います。アトリエが一階にあるのならいまでも絵を描きに通いたい、とおっしゃってくれました。外階段を一段一段と必死で上ってきていた松子さんもさぞきつかったのだろうなー。その松子さんの遺作を何点か飾ります。Yさんみなさんと一緒に美味しいコーヒー頂きますね。有難うございました。

c0111507_2131579.jpg


c0111507_21312097.jpg

by laseine38 | 2017-08-28 21:31 | Comments(0)

Eくんたちの二人旅

アトリエ展には賛助出品なのでなにかと迷っていたのだが10号くらいの小品に決めていた。昨日、実行委員長や会長が、やっぱり先生は大きい作品を出してほしいと要請され、急きょ50号を手直しして出すことに決めた。きょうは一日中、アトリエの屋外にだして油の乾きをさせていた。結局一番遅い仕上げはわたしになったのである。

娘婿と孫が自転車旅行に出かけた。江ノ島への一泊旅である。朝、様子を見に行ったのだがEくんは張り切っていた。町田からだと境川沿いのコースなのだが30Kmくらいあるだろうか。父子の2人旅。わが家も倅が小学生だった頃に、自転車で江ノ島に行ったことがあるが、いまでも深く記憶に残っている。寅さん映画の大フアンで全巻繰り返し観ている彼らにとって、なんときょうは「寅さんの日」、記念日である。いい思い出になることだろう。無事の帰還を。

c0111507_20144566.jpg

プールに行った。きょうは700で上がったが、少し水になじんできた。まだまだ元に戻すのには大変だ。水を切って泳がなくてはな。

c0111507_20164314.jpg

by laseine38 | 2017-08-27 20:09 | Comments(0)

教え子と果し合い

はじめて赴任した中学は開設2年目でまだ校庭には工場跡の瓦礫が沢山埋っていた。早々に部活で剣道部を作った。初代の部長だったSくんから届く賀状には、いつか手合わせをお願いしますと必ず記してある。Sくんはとっくの昔に7段を取り、いまや都剣連の理事を務めてい、5段クラスの審査員をしているという。同期のTくんも、一つ下のN裙も7段取得者で都剣連の理事である。
この子らの後を追うようにして、老骨ながら小生も段位だけは追いついた。ぼくらの成長を見て欲しい、と言うことで稽古を申し込まれている。秋までには体力を回復させ、是非とも彼らと竹刀を交えたいと思っている。これを機に少しずつ稽古再開をと思っているのだが・・・・・・
彼らは一途に剣道の稽古に励んできたのだと思うと感無量である。その姿を見、対峙してみたいと思う。
待ってろー!!  S ・ T ・ Nくんたちよ!!



c0111507_2122437.jpg
c0111507_21232145.jpg

by laseine38 | 2017-08-26 21:13 | Comments(0)

プールへ

なんだか泳ぎたくなってひとりでプールに行った。市民プールは長水路の50メートル。短水路で慣れている者にとってはやたらと長い感じでこたえる。
水に馴染まず進みも悪い。それでもからだはほぐれ気持ちいい。また行こう。500泳いで上がる。

アトリエ展準備進む。

かみさんがMRIをとったが大したことなくてよかった。

c0111507_20295647.jpg



by laseine38 | 2017-08-25 20:19 | Comments(0)

帰ってくるT

ガキの頃からずっと一緒だったTは、郷里の地に眠っている。小高い山からは一緒に泳いだ静波海岸が望める所に墓地がある。都合で住まいの近くに墓替えすることになった。きょうその候補地を見に行った。

気温35度と言う猛暑の中、見に行った。自分の墓地など全く興味なかったが、彼がくれたチャンスとばかり気に入ったら隣りに決めてしまおうと思って行った。

死んだ人たちばかりが集まっている墓地。そこに入るのなんか嫌だなー。車の中でカミさんにそう言ったら、わたしもそう思ったと。あーびっくりしたなー。すべてことごとく趣味も性格も嗜好も違うのに、墓のことで一致するなんてね。でもかみさんと死後に一致できるなんていいねー。たのしみだし、うれしかったなー。

ということでTのいる所に行くのは少し見合わせることになりそうだ。ゆるせよT。


      幼少の 友の墓替え 御殿山
     
        隣の空き地 気になるわれ

c0111507_21774.jpg


c0111507_2172149.jpg

by laseine38 | 2017-08-24 20:58 | Comments(0)

最後の完成者

8月のお教室はきょうがラスト。アトリエ展の実行委員会の女子組が全員集まってきて準備をしていました。男は誰も来ませんでした。わがアトリエも頼りになるのは女子組のみとなりました。マダムMとNは10回展の歩みを写真でと、模造紙に張ってくれていました。マダムAは初日の搬入からのタイムスケジュールをつくっていました。マダムSは出品者リストと一覧表、キャプションと、先日逝去された松子さんのプロフィールを作ってくれていました。
有難いことです。作品展を開くのには、大小ざまざまな準備が完璧に行われて、初めて実施できるのです。裏方の献身に感謝ですぞ。

出品者最後の完成をさせたのがムッシュTと、マダムSでした。がんばりましたね。2人ともいいのが出来ましたよ。さーて、どんな10回記念の展覧会になるのでしょう。とても楽しみです。ご期待ください。


c0111507_20371034.jpg
c0111507_20372125.jpg
c0111507_20373290.jpg

by laseine38 | 2017-08-23 20:37 | Comments(0)

アトリエ展、最後の追い込み

アトリエ展出品作が完成し、仮額も取り付けてみなさんほっとしたのでしょう。すっかり気が抜けたようで描く気なし。マダムYも、Aさんも、午後教室のTさんも、ムッシュHも。Hさんなどは道具も出さずにコーヒー飲んで描かずに帰られた。でも満足そうで、うれしそうにしていました。

みなさんが帰られた直後に、ムッシュTが作品を観て欲しいと持ち込んできた。まだ未完成である。明日もアトリエに来て描くという。本当に作品が出来上がるまではきつい毎日が続くのです。生みの苦しみです。それを突き抜けてこそ完成の喜びと成長がついてくるのです。もうひと踏ん張りですぞTさん!


c0111507_21154990.jpg

by laseine38 | 2017-08-22 21:16 | Comments(0)